赤ちゃんの便秘を改善するために

入れないフェイシャルエステ > 慢性便秘 > 赤ちゃんの便秘を改善するために

赤ちゃんの便秘を改善するために

赤ちゃんの便秘は、何日目からなのでしょうか?

 

実は便秘の判断は、うんちの出ていない日数で行うのではありません。

 

数日出ていなくても、赤ちゃんの食欲があり、機嫌も良くて、あまり硬すぎないうんちがちゃんと出ているなら、便秘とは言えず、心配はありません。

 

逆に機嫌の悪そうな様子が見られたり、食欲がない、お腹が張っているなどが観察されるなら、便秘が疑われます。

 

また1週間以上もうんちが出ていないというようなときは、やはり便秘と考えて小児科で診てもらうと安心です。

 

うんちが出なくて辛そうにしているなら、家庭でも行なえることがあります。

 

例えば、「の」の字マッサージと言って、へそのまわりを「の」の字を書くかのように手の平でやさしくマッサージする方法があります。

 

コレによって腸をうんちが出る方向に刺激してお通じを促す効果があります。

 

また綿棒浣腸と言って、綿棒を使って肛門や直腸を刺激し、反射を利用して排便を促すことも有効です。比較的即効性があり、すぐに試せる方法です。

 

このような方法でもなかなか出ない場合は、やはり病院で浣腸をしてたまったうんちを出してもらい、また便秘にならないためのアドバイスをもらうとよいでしょう。

 

同時に赤ちゃんが便秘を繰り返さないための対策も家庭でしっかりと行ないましょう。

 

便秘は生活リズムが不規則になっているとなりやすく、また食生活からきていることもあります。

 

このような点で、睡眠のリズムや栄養バランスなどを見直してみて、改善の必要があればそれに取り組んでいきましょう。赤ちゃんのための毎日のオリゴ糖こちら



関連記事

  1. 赤ちゃんの便秘を改善するために
  2. 体の管理が出来てる人に慢性便秘の人はいない?